2010年06月10日

玄葉光一郎政調会長会見詳報(2)(産経新聞)

■「私が閣議で承認をすることは党が賛成すること」

 −−政調会長は今後、政府の中でどういう立場で仕事するのか

 「これはですね、国務大臣の方は明日、組閣ということでありますので、現段階で申し上げるのは適切かどうかということがあります。ただ、一般論として、いわゆる政府・与党の一元化のですね、象徴として、政調会長が閣僚を兼務する、その意味は何なにかと。こういうことだと思いますので、そういう観点から申し上げると、結局、最終的に政策調査会長である私が閣議で承認をする、ということは、イコール与党・民主党の党としてもその政策に賛成をすると。いうことになるんだというふうに思いますので、いわば閣僚としての立場は政府と与党の、まあ、政策調整担当大臣みたいなですね、役割。一方、民主党の政策調査会としては、まさに政策案件、まあ立案を含めたですね、政策調査会長。ある意味、閣僚を兼ねるということになれば、そういう2つの意味を持つのかなと。そんなふうに思います」

 −−政調会長は公務員制度改革担当相を兼ねると伺ったが

 「それは明日・・・。はは。もし、仮にそうであるとすればですね」

 −−あるとしたことに基づいて・・・

 「それはちょっとお答えにくいので、ええ、それは申し訳ございません。すみません」 

 −−小沢前幹事長時代、党の政調スタッフが官邸に入り、その給与が国費から支払われているが、このスタッフの給与は国費で続けるのか

 「あのー、私もですね、あの、正確に調べますけれども、これからですね、まあ、今日なったばかりなので。ただ、私の理解では、確かですね、党から給与が支払われていると。いわゆる、かつての政調スタッフがですね、総務部付で、いわゆる内閣専門調査員という立場で行っているんですね」

 「その給与、手当は、どうかと言いますと、私の理解では、最終確認しますけれども、おそらく党から給与、支払われていると思います。そういうスタッフを、この給与は党から支払われていますから、そのままでいいと思うんですけれども、どういう立場にするか、っていうことも今、最終検討中です」

 「例えば、それをそのままね、例えばですよ、政策調査会のスタッフと。今は政策調査会ないから、その、内閣専門調査員のみなさんは政策調査会のスタッフといわれないんですね。総務部付で内閣専門調査員として入っているみたいです。そういうことになっているもんですから、そういうみなさんが、例えば政策調査会のスタッフとして、まあ、ある意味戻ってくるということになるかもしれませんが、居場所の問題はいろいろあると思います」

−−国費になったという報道があったが、国費だとすると、党費に変えるということか 

「ま、そこはですね、ちょっとよく調べてからですね、軽々に答えにくいので、多分、私の理解では、党本部、そうですね・・・(同席した党関係者から「無給の公務員です」と聞いて)、無給の公務員なんですって。やっぱり。私の理解が正しかったようでありまして、無給の公務員で、公務員としては無給で、党から給与が支払われていると。こういうふうに思います」

【関連記事】
新幹事長が「脱・小沢戦略」示唆  参院選候補問題
民主党執行部がスタート 「菅政権」8日発足
民主党新執行部 枝野幸男幹事長 絶妙な政界遊泳術で…
菅氏したたか?続々内定組閣人事“仕分け人”蓮舫氏も大臣に
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<文科省>4事業を廃止判定(毎日新聞)
スルメイカ漁 水揚げ09年の4倍、豊漁に一安心 北海道(毎日新聞)
高齢女性縛り2000万強奪=男2人が民家侵入―東京・小平(時事通信)
米市民の日常生活を軽快に ノーマン・ロックウェル展 東京・府中市美術館(産経新聞)
普賢岳の大火砕流から19年、各地で追悼の催し(読売新聞)
posted by オオシロ クニオ at 13:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

遅*漏のフリして我慢なんてするもんじゃねーな!!
まさかアなル舐められると思ってなかったからビックリしたぞwww
最後シャワーみたいなザ〜メン出た時はやばかったぜ〜!(* ̄ー ̄)v

てか冷静に考えたら、女に金払わせてアなルなめさせるってすげぇなwwww
http://bfrblctv.Chun.Qawsed.info/
Posted by これは予想外wwwww at 2010年06月12日 05:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。